第101回全国高校野球選手権大会第6日は11日、甲子園球場で2回戦4試合が行われ、東海大相模のほか、作新学院(栃木)、中京学院大中京(岐阜)、明石商(兵庫)が3回戦に進出した。

 東海大相模は右腕遠藤成が八回途中1失点の好投。打線も敵失に乗じて小刻みに得点を加え、昨夏ベスト8の近江(滋賀)を6-1で下した。

 東海大相模は大会第10日の15日、第2試合(午前10時半開始)で、中京学院大中京と準々決勝進出を懸けて激突する。

遠藤 7回1/31失点の好投

 鋭く落ちたフォークボール...    
<記事全文を読む>