甲子園の明徳義塾ナインは10日、大阪府高槻市の萩谷総合公園野球場で2時間の割り当て練習を行った。野手のレギュラーメンバーは球速を上げたマシン相手にシート打撃を行うなど、投打ともレベルの高い2回戦の相手、智弁和歌山を意識した練習で本番モードを高めている。
 
 序盤の練習は、ロングティーから投手2人、マシン1台を相手に行うフリー打撃といつも通りの内容。初戦の藤蔭戦で先制の適時三塁打を放った2年奥野は好調を維持し、シャープな当たりを連発。馬淵監督は「振りがいい。バットで一番いい音を出している」と目を細めていた。
 
 シート打撃は球速を上げたマシンで...    
<記事全文を読む>