第101回全国高校野球選手権第6日は11日、甲子園球場で2回戦を行い、滋賀の近江は1-6で神奈川の東海大相模に敗れ、8強入りした昨年に続く初戦突破はならなかった。

 近江は四回に内野の失策で先制を許すと、六回もエラーが絡んで先発林が3点を失った。打線は八回に押し出し四球で1点を返したが、相手の継投にかわされた。

...    
<記事全文を読む>