15安打を浴びせて打ち勝った。十日の全国高校野球選手権大会で、関東一(東東京)は10-6で日本文理(新潟)に逆転勝ちし、ベスト4に入った二〇一五年以来4年ぶりの勝利をあげた。次は十四日午後一時から熊本工(熊本)と対戦する。

 (加藤健太、山口登史)

 苦しい立ち上がりだった。初戦の緊張からナインには硬さが見え、先発の土屋大和投手(3年)はピンチで制球が甘くなった。野球部父母会副会長の父貴司さん(51)は「相手は経験豊富な伝統校。気を抜かずに」とアルプス席からエールを送った。

 反撃は三回、東東京大会で打率5割と好調だった4番平泉遼馬選手(同)がバックスクリーンに本...    
<記事全文を読む>