甲子園球場で開かれている第101回全国高校野球選手権大会で、二〇一七年に全国制覇を果たし、5年連続7回目の出場になる花咲徳栄(加須市)は、大会6日目の十一日、2年連続2回目の出場になる明石商(兵庫県)と対戦する。注目の初戦を前に、両校監督に意気込みを聞いた。

 (森雅貴)

 -相手チームの印象は。

 花咲徳栄・岩井隆監督 選抜でもベスト4に進んでいる。中心選手がしっかりし、粘り強さもあり手ごわいチーム。

 明石商・狭間善徳監督 甲子園常連で日本一の経験もある。打力があり、上位も下位も高い打率を残している。

 -警戒する選手は。

...    
<記事全文を読む>