夏の甲子園で全国制覇した2016年以来、3年ぶりの初戦突破を目指す作新は大会第6日の第1試合(11日午前8時開始予定)で16年ぶり2度目の出場となる筑陽学園(福岡)と2回戦で対戦する。作新の小針崇宏(こばりたかひろ)、筑陽学園の江口祐司(えぐちゆうじ)の両監督に相手チームの印象、勝敗の鍵を握るポイントなどを聞いた。

「積極打法」で意思統一 甲子園初戦に向け作新ナイン

 -相手チームの印象は。

 小針 明治神宮大会、選抜甲子園に出場して経験豊富な選手がそろう。守備がしっかりしていて打線にも力がある。投打のバランスが取れているチーム。

 江口 県大会の疲れ...    
<記事全文を読む>