作新ナインは9日、大阪府豊中市の豊中ローズ球場で大阪入り後初めての紅白戦などを行い、久々の実戦練習で試合勘を磨いた。

甲子園・作新vs筑陽 両監督対談 鍵握る序盤の攻防

 練習は午前9時にスタート。紅白戦はレギュラー組と控え組に分かれ、走者を置くなどした変則ルールで行った。県大会決勝で好リリーフを見せた控え組の先発右腕三宅悠弥(みやけゆうや)に対し、石井巧(いしいたくみ)が左越え本塁打を放ち好調ぶりをアピールした。

...    
<記事全文を読む>