第101回全国高校野球選手権大会第4日は9日、甲子園球場で1回戦4試合を行い、3年ぶり6度目の出場の本県代表の鶴岡東は23年ぶり20度目の高松商(香川)と第4試合で対戦。6―4で勝利して2回戦に進んだ。

 鶴東は2点を追う五回に1死二塁から1番河野宏貴の適時二塁打で1点差に詰め寄り、5番丸山蓮が2死満塁の場面で三塁ベースで跳ねる2点適時打を放って逆転した。八回には2死二塁で6番森弦起の適時二塁打で追加点を奪い、最終回には2番竹花裕人が2点本塁打を左翼席に運んで駄目を押した。

 先発の影山雄貴は二、三回に1点ずつを失ったが、その後は持ち直し、6...    
<記事全文を読む>