第101回全国高校野球選手権大会で、県代表の熊本工は10日の第2試合で山梨代表の山梨学院との初戦を迎える。熊本工の田島圭介監督と山梨学院の吉田洸二監督に、相手校の印象や理想の試合プランを聞いた。

 -相手チームの印象は。

 田島 多様な投手陣でゲームをつくり、強打でリードするイメージ。試合の流れを持っていかれないように警戒したい。

 吉田 投手の使い方などタイプが似ている印象。先頭打者をしっかり打ち取り、出塁させないことが不可欠だと考えている。

 -自チームの特徴と、目指す試合展開は。

 田島 県大会では3人継投で乗り切った。...    
<記事全文を読む>