令和初戦は大勝でスタートした。兵庫県西宮市の甲子園球場で9日にあった第101回全国高校野球選手権大会1回戦で、宮城代表の仙台育英は飯山(長野)を20-1で下した。三塁側スタンドには、生徒や保護者ら約800人が詰め掛け、回を追うごとに得点を重ねたナインの姿に歓喜した。
 大量得点のきっかけは、0-1の三回2死一、三塁。主将の千葉蓮(3年)の左翼線二塁打と送球の間に2走者がかえって逆転し、流れを引き寄せた。大栄陽斗(あきと)(3年)と笹倉世凪(せな)(1年)も長打で続き、この回4得点。観客席からは「いけ、いけー」と歓声が上がった。
 千葉の父、伸さん(45)=大崎市=は...    
<記事全文を読む>