◇全国高校野球選手権<第4日> 習志野5-4沖縄尚学

 今春の選抜大会準優勝の習志野が、持ち味の粘り強さを発揮した。1点を追う九回、山内が右前打で出塁すると、小林監督が動いた。1死一塁で、盗塁のサイン。「(試合が)動かない感じだったので、仕掛けた」。失敗すれば致命的な場面にも、山内は見事に二塁を陥れた。勝負を懸けた積極策が直後の敵失を誘って一、三塁とし、角田の左前適時打で追いついた。

 先発登板し、六回途中からは右翼の守備に就いていた山内は土壇場での一打を「打たれたので、打撃では自分が後ろにつながなきゃという気持ちで」と振...    
<記事全文を読む>