第101回全国高校野球選手権大会第4日は9日、甲子園球場で1回戦が行われ、春夏を通じて甲子園初出場の飯山は3年連続28度目出場の仙台育英(宮城)に1―20で敗れ、甲子園初勝利はならなかった。

 飯山は三回、村松の四球から2死二塁とし、大川の右前適時打で先制に成功した。しかし、その裏に2死一、三塁から3連続長打を浴び、逆転された。

 救援投手が四回に3点を失うと、五回は打者14人の猛攻に遭い、10失点。その後も失点を重ねた。

 飯山は、2007年に飯山南と飯山照丘が統合して開校。16年に飯山北と完全統合した。前身の3校を含...    
<記事全文を読む>