チームきってのお調子者が逆転劇の口火を切った。七回、あっけなく2死となった直後に右前打。内角をえぐるような直球に負けず、鋭くバットを振り抜いた。

 西東京大会でチームトップの12安打を放ち、好調のまま乗り込んだ。「こんなに良い舞台で緊張したら、もったいない」と言ってのける強心臓で、甲子園でも、のびのびと駆け回った。

 三回にはチーム初得点を呼び込む右前適時打を放ったが、この一本が謙虚さを忘れさせた。次の打席、らしくない大振りで三邪飛に倒れ「歓声がすごかったので良いところを見せようと思って。完全に調子に乗りました」とはにかんだ。

 「当たり前のことをで...    
<記事全文を読む>