第101回全国高校野球選手権大会第4日は9日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦4試合を行う。県代表の沖縄尚学は第3試合(午後1時開始予定)に春の選抜準優勝の習志野(千葉)と対戦する。両校の戦力や試合の見どころを紹介する。

◇沖尚、堅守と勝負強い打撃 5年ぶり8度目の出場となる沖縄尚学。夏の甲子園は2014年の8強が最高だが、春の選抜では1999年と2008年に優勝経験がある。今大会は堅守と勝負強い打撃で8強以上を目指す。OBには広島などで活躍した安仁屋宗八さん(沖縄高校時代)や08年選抜優勝投手の東浜巨(現ソフトバンク)などがいる。


《攻撃力》 リードオフマン...    
<記事全文を読む>