甲子園球場で行われている第101回全国高校野球選手権大会で、宮城代表の仙台育英は9日、飯山(長野)と初戦を迎える。長野大会をノーシードから勝ち上がって初出場を決めた勢いのある相手に対し、仙台育英は3大会連続出場の経験を生かした戦いを目指す。
 8日は大阪府豊中市内のグラウンドで約2時間練習した。打撃練習は飯山の左腕岡田恵太を想定して取り組んだ。得点圏に走者を背負った場面の守備や、走塁練習にも時間を割いた。
 飯山は安定した投手力を基盤とした堅い守りが特徴のチーム。長野大会準決勝までの5試合で失点はわずか3。決勝は延長サヨナラ勝ちを収めるなど勝負強さもある。
<記事全文を読む>