甲子園球場(兵庫県西宮市)で八日に行われた第101回全国高校野球選手権大会第3日目で、県代表の前橋育英(前橋市)は西東京代表の国学院久我山と対戦。ともに点を取り合うシーソーゲームの末、5-7で敗れ、1回戦突破はならなかった。

 前橋育英は一回、剣持京右選手(三年)の右翼への適時三塁打で森脇真聡選手(三年)が二塁から生還して先制。二回にも遊撃手の一塁悪送球の間に二塁から中村太陽選手(三年)がかえり、2-0とした。

 先発の梶塚彪雅投手(三年)は一、二回は無失点と無難にスタート。しかし、三回に3連続安打を許して1点を返され、さらに犠飛で同点に追いつかれた。

<...    
<記事全文を読む>