甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれている第101回全国高校野球選手権大会で、千葉県代表の習志野は九日の第3試合で沖縄県代表の沖縄尚学と1回戦を迎える。初戦を前に、習志野の小林徹監督(57)と沖縄尚学の比嘉公也監督(38)に理想の試合展開などを聞いた。

 (山口登史)

 -対戦相手の印象は。

 小林監督 激戦区の中、日本を代表する投手を破っており、手ごわい。どこまで食らいついていけるのかな、という印象だ。

 比嘉監督 投手を中心とした粘り強いチーム。選抜で準優勝し、経験値ではかなわない。胸を借りるつもりでいきたい。

 -警戒する選手は。 <記事全文を読む>