第101回全国高校野球選手権大会で、本県代表の鶴岡東は大会第4日の9日、第4試合(午後3時半開始予定)の1回戦で高松商(香川)と対戦する。初戦を控えた鶴東は8日、大阪府豊中市の豊中ローズ球場で最終調整した。

 ナインは午後3時から2時間程度の練習で汗を流した。シートノックで守備の連係、走者を置いた実戦形式のシート打撃では状況に応じた打ち分けなどを確認。相手のエースを想定して左の打撃投手を立たせて主軸らが快音を響かせた。投手陣は各自で調整。背番号1の池田康平は30球程度の投げ込みで持ち球の感触を確かめ、「状態はいい。登板の機会があれば、しっかり抑えたい」と意気込んだ...    
<記事全文を読む>