全国高校野球選手権大会に28年ぶりに出場している国学院久我山(西東京)は八日午後一時から、前橋育英(群馬)との初戦を迎える。接戦をものにしてきた粘り強い野球で、OBたちの悲願でもある甲子園初勝利に挑む。

 (加藤健太)

 激戦区の西東京を勝ち抜いて聖地にたどり着いた。チームを勢いづけたのが準々決勝で飛び出した4番宮崎恭輔選手(3年)のサヨナラ満塁本塁打。尾崎直輝監督が「粘っていれば何とかなると勇気づけた」と振り返る一発となり、決勝でもナインは、我慢強い試合運びでしぶとく競り勝った。

 エース右腕の高下耀介選手(同)は全6試合に先発し、いずれも3失点以内と大崩れしな...    
<記事全文を読む>