神奈川代表の東海大相模は7日、大阪府豊中市の豊中ローズ球場で約2時間の練習を行った。守備練習やシート打撃に取り組み、遠藤や野口、冨重らがマウンドに上がった。萩原が右翼席に放物線を描いたほか、山村が快音を響かせていた。

 東海大相模は大会第6日の11日、第2試合(午前10時半開始)で近江(滋賀)との初戦を迎える。

...    
<記事全文を読む>