全国高校野球選手権大会、秋田中央は立命館宇治(京都)と対戦。終盤の好機を生かせず、競り負けた。

 松平涼平(3年)がいきなり四球を出すと、1年生捕手の野呂田漸はすぐにタイムを取ってマウンドへ駆け寄った。直後に二盗を刺し、エースを援護。だが「松平さんの良さを出し切れなかった」と悔しさを押し殺し、淡々と敗因を語った。

 制球に苦しむエースをうまくリードできなかった。全体的に球が高めに抜けた。逆にその高めを利用しようと、低めの変化球を決め球に配球を組み立てたが、最後まで制球は安定しなかった。

 甲子園での経験は必ず成長への糧と...    
<記事全文を読む>