旭大高の初戦突破はならなかった。だが強豪校相手の惜敗に、母校やスタンドからは「よく頑張った」「ありがとう」と健闘をたたえる声援と拍手が送られた。

 旭大高体育館で行われた観戦会には、在校生など約180人が駆け付けた。生徒と教師の他、一般の来場者も英語で「情熱」と胸に印刷したえんじ色のTシャツに身を包み、大型スクリーンに映る選手に歓声を上げた。

 序盤から制球が光った能登投手のストライクが入る度に、永山小4年の小倉璃音(りおん)君(10)は「イエーイ」と飛び上がって喜んだ。能登選手らに練習を教えてもらったといい、「星稜の投手もすごいけど、能登君の方が変化球は上」と...    
<記事全文を読む>