旧制中学校時代の全国野球大会で対戦した函館中部高(当時函館中)と山形東高(同山形中)の野球部が6日、函館市の函館オーシャンスタジアムで交流試合を行った。73年前に13対5で敗れた山形東高が交流戦2試合で勝ち星をあげ、先輩たちの雪辱を果たした。

 1946年8月に行われた全国中等学校優勝野球大会(現全国高校野球選手権大会)の2回戦で両校は対戦。食糧難だった時代で、旧制函館中は勝ち進むも、3回戦を前に持参していた米を食べ尽くしてしまった。旧制山形中が余った米を函館の選手たちに寄付した縁で、73年ぶりの交流試合が実現した。

 6日の1戦目では、函館中部高が先制点を挙げ...    
<記事全文を読む>