秋田中央は守備からリズムをつくり、攻撃に転じる。打線が好調なら、勝利がぐっと近づく。

 秋田大会では全5試合で先制点を奪い、2桁安打をマークした。好打者の1番新堀文斗(2年)から始まる打線は、上位から下位まで切れ目がない。試合の流れを左右する先取点は何としても取りたいところだ。

...    
<記事全文を読む>