○…手応えと反省が交じる初舞台だった。佐賀北の2年・江藤謙伸は終盤に守備のミスがあったものの、持ち味の長打力を生かして1打点の活躍。「重圧や緊張もあったが、仲間と楽しく野球ができた」と話した。

 4点を追う六回2死、4番小野颯真が中前打を放って打席が回ってきた。「先輩がつないでくれた。思い切り振ることだけを意識した」。3球目の直球を左中間に運んだ二塁打はチーム唯一の長打になり、追い上げムードを高めた。

 七回の守備で1死一塁から右前打を後逸して2点を献上し、インタビュールームでは涙があふれた。「この悔しい気持ちを忘れず、来年絶対に戻ってくる」と江藤...    
<記事全文を読む>