令和最初の甲子園大会となる第101回全国高校野球選手権大会が6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕し、熱戦が始まった。

 開会式の入場行進は北から南の順で、13年連続の出場となった福島県代表の聖光学院は8番目に入場。堂々と胸を張り行進した。

 この日は1回戦が行われ、八戸学院光星(青森)、神村学園(鹿児島)、高岡商(富山)が2回戦に進出。順調に日程が消化されれば、21日に決勝が行われる。

 聖光学院は大会第7日(12日)の2回戦第2試合で海星(長崎)と対戦する。午前10時30分開始予定。

...    
<記事全文を読む>