第101回全国高校野球選手権大会は6日、甲子園球場で開幕した。開会式に続き、1回戦3試合が行われ、佐賀県代表で5年ぶりに夏の甲子園に挑んだ佐賀北は神村学園(鹿児島)に2-7で敗れ、初戦を飾ることはできなかった。他の2試合は八戸学院光星(青森)と高岡商(富山)が2回戦に進んだ。

 

 佐賀北は二回までに5点のリードを許した。打線は相手エースを打ちあぐねていたが、五回に9番宮崎翔大の中犠飛、六回には5番江藤謙伸の適時二塁打で1点ずつを返した。しかし、七回に2点を失って突き放され、最後まで主導権を握れなかった。

 八戸学院光星は一回に下山が先制の満塁本塁打を放つなど11...    
<記事全文を読む>