第101回全国高校野球選手権大会が6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕した。西兵庫代表だった昨夏に続き、2年連続2度目出場の明石商(兵庫)など、代表49校が開会式に臨み、令和初の頂点を懸けた戦いが始まった。

 前年優勝の大阪桐蔭、中野波来主将(淡路市立岩屋中出身)を先頭に、北から南の順に行進。明石商ナインも引き締まった表情で甲子園の土を踏みしめた。

 初出場の誉(愛知)の林山侑樹主将が「平成が終わり、新しい時代を迎えた。重く輝くバトンを託された私たちは、101回大会を記憶に残る大会にすることを誓う」と宣誓した。

 開会式の司会は小野高3年の笹倉七海さ...    
<記事全文を読む>