「みんなで返しに来たかった」-。その願いはかなわなかった。大阪桐蔭の中野波来主将(兵庫県淡路市立岩屋中出)は今春の選抜大会に続き、開会式で一人で優勝旗を返還する。重圧と戦いながら強豪を率いた主将の顔には、悔しさと同じだけ成長の跡がにじんだ。

 “最強世代”と称された先輩とともに頂点を味わった昨夏以降、「自分の意見を伝える難しさ、人を動かす大変さ」を感じながらもがき続けた。出場を逃した今春の思いも最後の夏にぶつけたが、大阪大会準々決勝で敗戦。それでも主将として、帽子のつばに書いた「日本一の意地」は貫いた。

 早すぎる夏を終え、地元・淡路島に...    
<記事全文を読む>