第101回全国高校野球選手権大会の開幕を翌日に控えた5日、甲子園球場で開会式リハーサルが行われ、49代表校が入場行進を練習した。

 4年ぶり2度目出場の学芸館は体調不良の溝上を除くベンチ入り17人が臨み、岡山大会の優勝旗を手にした主将好田を先頭に胸を張って歩を進めた。掛け声を担当した外間は「バックネット裏のスタンドが大きく感じた。もっと足を合わせ、きれいに見えるよう歩きたい」と本番を見据えた。

 リハーサルを終えたナインは、他県の代表校の選手と談笑するなどリラックスした表情を見せた。「体が大きい選手ばかりで圧倒された。小さくても勝てるというと...    
<記事全文を読む>