序盤の得点で崩す 馬淵監督
食らい付く野球を 竹下監督
 令和最初の甲子園大会となる第101回全国高校野球選手権大会は6日、甲子園球場で開幕する。49代表校が出場し、16日間(準々決勝と準決勝翌日の休養日を含む)の熱戦がスタートする。

 甲子園の開会式リハーサルが行われた5日、大会第3日の第2試合で対戦する高知県の明徳義塾・馬淵史郎監督(63)と大分県の藤蔭・竹下大雅監督(26)が対談。大会最年長と最年少監督が、初戦の戦い方などを語り合った。

 ―相手チームの印象を。
 馬淵監督 (全体として)特別な印象はないし、どういうチ...    
<記事全文を読む>