6日開幕の第101回全国高校野球選手権大会に出場する静岡は5日午後、大阪府枚方市の興国学園総合グラウンドで練習を行った。野手はシートノックやフリー打撃に取り組み、主戦松下をはじめ4投手がブルペンで投球練習をした。静岡は大会第2日の7日、第2試合で津田学園(三重)と対戦する。
 静岡大会での疲労が心配されていた松下に笑顔が戻った。現地で初めてのブルペン入り。捕手小岩を相手に約25球を投げ込んだ。「7割ぐらいの力で投げた。疲労が抜け、ここから初戦に合わせていきたい」と松下。
 「エースナンバーを背負っている自分が、先頭に立っていかないと」。ノースロー調整の間も、走り込み...    
<記事全文を読む>