第101回全国高校野球選手権大会は6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。3年ぶり6度目の出場となる本県代表の鶴岡東は、大会第4日の9日に第4試合の1回戦で、23年ぶり20度目の高松商(香川)と対戦する。開幕直前の5日、鶴岡東の佐藤俊監督と高松商の長尾健司監督に抱負などを聞いた。

 ―対戦相手の印象と警戒する選手は。

 佐藤 今春の選抜大会にも出場しており、強豪だと認識している。胸を借りるつもりで試合に臨む。エースの香川(卓摩)君の前評判が高いので、どのように攻略するかを突き詰めていきたい。

 長尾 どの打者も力があり...    
<記事全文を読む>