先発、リリーフも万全

 2015年以来の全国制覇へ、東海大相模は大会第6日(11日)の第2試合で近江(滋賀)との初戦を迎える。主砲山村や大砲西川ら最強打線の中核を担う2年生の陰に隠れ、キャプテン井上ら3年生は首脳陣から「最弱世代」と呼ばれ、奮起を求められてきた。この夏、集大成の舞台で輝くのはやっぱり俺たちだ。

苦い経験

 きっと誰もがタテジマの未来を担うと信じたはずだ。2018年春の選抜大会で3試合に登板し、ベスト4へと導いた野口裕斗。小笠原慎之介(中日)を目標にしてい...    
<記事全文を読む>