第101回全国高校野球選手権は6日に甲子園球場で開幕する。大会7日目に聖光学院(福島)と対戦する海星(長崎)は大阪府内で練習した。

 加藤監督が「打線の軸」と期待するのが1番の松尾悠。50メートル走は5.9秒とチーム一の俊足を誇り、小学5年のときに100メートルで陸上の全国大会に出場した。長崎大会では6試合でチーム最多の5盗塁を記録し「甲子園では最低でも3盗塁を決めたい」と意気込む。中堅の守備も「守備範囲には自信がある」と胸を張った海星の「いだてん」が甲子園を駆け回る。

...    
<記事全文を読む>