第101回全国高校野球選手権大会は6日、甲子園球場で開幕する。北北海道代表の旭大高と南北海道代表の北照の選手たちは4日、兵庫県西宮市内でそれぞれ練習に取り組んだ。

 7日の1回戦で、プロ注目の右腕、奥川恭伸投手を擁する星稜(石川)と対戦する旭大高はシート打撃で調整に励んだ。一方、初戦となる11日の2回戦で、中京学院大中京(岐阜)と顔を合わせる北照はノックなどのメニューをこなした。

...    
<記事全文を読む>