3日に大阪市で行われた第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会で、徳島県代表の鳴門は大会第4日の1回戦第1試合(9日午前8時開始予定)で花巻東(岩手)と対戦することが決まり、鳴門ナインは初戦突破へ闘志をたぎらせた。大会は16日間で、6日午前9時から甲子園球場で開会式が行われる。

 鳴門は2年連続13度目、花巻東は2年連続10度目の出場。徳島県勢と岩手県勢の甲子園での対戦は夏に5度あり、徳島県勢が3勝2敗と勝ち越している。鳴門は花巻東と2013年の第95回大会の準々決勝で対戦し、4―5で惜敗。16年の第98回大会では3回戦で鳴門が11―9で盛岡大付を下した。

...    
<記事全文を読む>