静岡ナインは3日午前、甲子園球場で練習を行った。今大会から休養日が1日増えたため、甲子園練習が4日間から3日間になり、時間も10分短縮されて各校20分間となった。
 シートノック、シート打撃などを手際よくこなした。2018年の選抜では代走で出場した片平は「春とは違う景色、自分たちの力でつかみ取った舞台」と感慨を新たにした。
 内外野の連係を確認した遊撃手相羽は「入った印象は普通の球場と変わらない。ただ連係プレーの時にいつもより広いと感じた。観客が入ると雰囲気も変わると思う」と、冷静に想像を巡らせた。「距離感の違いに今、気づけて良かった」と左翼手関宮。中堅手片平も「い...    
<記事全文を読む>