第101回全国高校野球選手権大会(6~21日・甲子園)の組み合わせ抽選会が3日、大阪市のフェスティバルホールで行われ、5年連続7度目の出場で2年ぶりの優勝を狙う花咲徳栄は第6日の11日、第4試合(15時30分開始予定)で2年連続2度目出場で今春の選抜大会4強の明石商(兵庫)と初戦の2回戦で対戦することが決まった。

 抽選会では、甲子園練習時に決定した予備抽選番号順にくじ引きを実施。19番の花咲徳栄の吉倉英俊主将が「22A」を引き、対戦相手を待った。39番目にくじを引いた明石商が隣に入り、強豪校が初戦で激突する好カードに、会場からどよめきが起こった。

■思い切り良...    
<記事全文を読む>