6日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市北区のフェスティバルホールで行われ、4年ぶり2度目の出場となる本県代表の霞ケ浦は7日の第2日第1試合(午前8時開始)の1回戦で履正社(大阪)と対戦することが決まった。

 履正社は3年ぶり4度目の出場。今季は同校初となる春夏連続甲子園出場を決めており、今夏を含め甲子園春夏通算12度出場している。霞ケ浦の高橋祐二監督(59)は「全国的に名前が通っている強豪中の強豪。攻撃力、ポテンシャルも高い。精いっぱいやりたい」と話し、芳賀太陽主将(3年)は「打線はもちろんだが、エ...    
<記事全文を読む>