第百一回全国高校野球選手権(六日開幕、甲子園球場)に県代表として出場する静岡の選手たちが二日、大阪府東大阪市の府立みどり清朋高グラウンドで練習した。

 猛暑の影響を考慮して、午後一時からの開始予定を約三十分早め、一時間半で切り上げた。ノックの後の打撃練習では、今春卒業したOBで、関西学院大学硬式野球部に所属する鈴木翔也投手が打撃投手を務めたり、マシン二台を使ったりした。

 栗林俊輔監督は「暑い中、三年生は体力があって元気が見えた。二年生は少し暑さ負けしている印象」と振り返った。

 この日は練習に先立ち、甲子園球場で、他県の代表校の練習を見学した。静岡...    
<記事全文を読む>