第101回全国高校野球選手権大会に群馬代表として出場する前橋育英の選手らの出発式が1日、JR新前橋駅のロータリー広場であった。県高校野球連盟の関係者や選手の保護者らが集まり、出発を見守った。(市川勘太郎)

 式では同駅の唐沢慎司駅長が「皆さんの集大成として、悔いの無い試合をしてほしい」と激励。荒井直樹監督に花束を手渡した。

 荒井監督は「今まで部員全員で積み重ねてきたものを思い切って表現して、日本一を目指して頑張っていきます」と述べた。

 丸山大河主将(三年)も「予選と同じように、粘り強い野球で日本一を達成したい。応援よろしくお願いします」と力強く語...    
<記事全文を読む>