第101回全国高校野球選手権(6日開幕、甲子園)に静岡県代表として出場する静岡ナインは1日、大阪市内の宿舎に向けて出発した。同校で出発式に臨んだ後、JR静岡駅から新幹線に乗り、現地入りした。
 出発式では生徒や父母らが見守る中、栗林俊輔監督が「期待に応えられるよう、県代表、全国の公立校の代表として頑張ってきたい」とあいさつ。小岩和音主将も「感謝の気持ちを忘れず、他の学校の思いを背負って戦う」と意気込んだ。
 志村剛和校長は「最後は気持ち。培った力を出し、精いっぱい戦ってほしい」と激励し、応援歌「希望の歌」を独唱した。応援指導部からのエールも送られた。
 同...    
<記事全文を読む>