第101回全国高校野球選手権大会(6日から16日間)に秋田県代表として45年ぶりに出場する秋田中央が1日、兵庫県西宮市の甲子園球場で練習を行った。ノックなどでグラウンドの感触を確かめ、初戦に備えた。3日に組み合わせ抽選会が行われる。

 出場校の練習初日となったこの日、秋田中央は午前9時20分から20分間汗を流した。走者を置いたノックでは野手陣が連係を確かめ、投手陣はマウンドで投球練習をした。

...    
<記事全文を読む>