全国高校野球選手権大会が八月六日に開幕するのを前に、春夏連続の甲子園大会出場を果たした津田学園硬式野球部の壮行会が三十日、桑名市野田の同校であった。

 部員は生徒や教職員らに迎えられ体育館に入場し、出場選手十八人がステージに上がった。佐川竜朗監督が一人一人を紹介し、「選抜大会のアルプススタンドの大声援は忘れられない。夏は甲子園で勝って、皆さんと笑顔で校歌を歌うための練習を進めていく」と話した。

 近くの津田大山田幼稚園の園児らも訪れ、「お兄ちゃん、頑張ってね」と声を合わせ、勝利を願う千羽鶴を贈った。前川夏輝選手が園児らにお礼を述べ、石川史門主将は「甲子園までにし...    
<記事全文を読む>