第101回全国高校野球選手権岡山大会で4年ぶり2度目の優勝を飾った学芸館ナインは30日、夏の甲子園に向けて練習を再開した。倉敷商を2―1で破った決勝(28日)から1日の休養日を挟み、憧れの舞台に挑む決意を新たにした。

 午後1時から約3時間、瀬戸内市のグラウンドで練習。ランニングで体をほぐした後、フリー打撃では、岡山大会で活躍した知念や主将の好田らが快音を響かせた。6試合で2失策と堅守を誇った守備陣はシートノックに励み、ミスには選手同士で厳しい声が飛び交うなど緊張感に包まれる中で汗を流した。

 「1日リフレッシュでき、みんな体が軽そうだった。...    
<記事全文を読む>