第101回全国高校野球選手権奈良大会第14日は29日、佐藤薬品スタジアム(県立橿原球場)で決勝が行われ、智弁学園が12―5で高田商業を下し、3年ぶり19回目の優勝を果たした。

 智弁学園は三回までにホームラン2本を含む長短8安打を浴びせて8―1と有利に試合を展開し、終盤にも4点を追加、猛追する高田商を振り切った。

 本大会は8月6日から甲子園球場で開かれる。

...    
<記事全文を読む>