第101回全国高校野球選手権佐賀大会を5年ぶりに制し、5回目の甲子園切符を手にした佐賀北高野球部が29日、佐賀県庁などを訪れた。小野颯真主将は「久保先生の時以来、甲子園の初戦で勝てていない。12年ぶりに勝ちたい」と意気込んだ。

 県庁には久保貴大監督、選手ら計24人が訪れた。山口祥義知事は「(全国制覇した)12年前は12年前。選手のみんなにとっては新しい1ページなので、全力で頑張ってほしい」と期待を込めた。桃崎峰人県議会議長は「ベストコンディションで佐賀北の意地をアピールして」とエールを送った。

 選手を代表して小野主将は「甲子園では佐賀県代表として胸を張って戦...    
<記事全文を読む>