■兵庫大会 明石商4-1神戸国際大付

 九回に全てが暗転した。神戸国際大付の先発松本が先頭打者に投じた1ボール2ストライクからの4球目。外を狙ったスライダーが、やや内に抜けた。痛恨の死球で同点の走者を許した。

 「1人ずつ抑えればいい」。まだ動揺はしていない、はずだった。だが、次打者のバント処理でボールを握り損なった。「(理由は)分からない。その場の空気なのかも」。八回まで被安打3。ほぼ完壁に抑えていた右腕が初めて見せたほころびが致命傷になった。

 「頼んだ」「任せろ」。松本からマウンドを託された背番号1の鍵だったが、選抜大会4強の明石商の圧力にのみ込...    
<記事全文を読む>