第101回全国高校野球選手権静岡大会最終日は29日、草薙球場で決勝を行い、静岡が駿河総合に3―2で逆転勝ちし、4年ぶり25度目、令和初の甲子園出場を決めた。静岡は2点を追う七回、関宮楓馬の左前打を足掛かりに5連打で逆転に成功。救援した2年の左腕松本蓮、3年の右腕石田直孝が三回以降を1安打無失点に抑えた。静岡が出場する全国高校野球選手権は8月6日、甲子園球場で開幕。組み合わせ抽選会は同3日に大阪市内で行われる。

...    
<記事全文を読む>